ストレッチマークは美容皮膚科での治療

 

ストレッチマークは皮膚科の病院へいけば良いのだろうか・・・

 

妊娠をして赤い線や白い線がお尻や太もも、お腹などに入ってしまったので皮膚科へ行けばいいのかなと思ってしまう人も多いかと思います。結論からすると普通の皮膚科病院へいっても意味がないです。

 

病気ではなく美容のトラブルとなるので、美容クリニックにいく必要があるのですね。

 

そのため、薬を渡されて診察が終わるなんてことはありません。
手術とまではいきませんが、少し大掛かりな治療となるので料金はトータルで10万円、20万円とかかることが多いです。

 

レーザーを使った治療法となるのですが、1回での費用は2万円程度となります。ただ、一回ではほとんど消えるわけではなく何回もレーザーを照射することとなるので費用がどんどん高くなるのですね。

 

普通の皮膚科ではなく、美容皮膚科や美容整形外科などのクリニックとなるので間違えないようにしましょう。

 

皮膚科の手術なら即効性でストレッチマークはすぐに消すことができる?

 

美容皮膚科での手術だと治療費も高額だし、効果がありそうと思う人は多いです。

 

先ほども紹介したようにレーザーでの照射となるのですが、すぐに消せるわけではありません。即効性がある訳ではないのですね。

 

美容クリニックといっても万能な治療法があるわけではないのですね。

 

時間がかかる治療となるのです。
また、もうひとつのストレッチマーク線を消すための方法であるクリームを使ったケアをしても同じですぐに消せるわけではないです。

 

ストレッチマークをすぐに消す方法は現状ではないのですね。

 

そのため、2ヶ月3ヶ月ときちんとケアを行っていく必要があります。

 

  • 海で水着になる
  • 彼氏ができた

 

などなど大事な場面でストレッチマークがないようにするためにも早めのケアをおこなっておいたほうがいいです。
いざ、大事な場面にでくわしたときに後悔することのないようにしましょう。

 

クリームとレーザーのどちらで消す人が多い?

 

ストレッチマークを消す方法といえば美容皮膚科でのレーザーかストレッチマーク用クリームでの治療をするのが一般的です。

 

ただ、皮膚科へいく人よりも圧倒的にクリームを使う人が多いです。ストレッチマークと妊娠線は呼び名が違うのですが、全く同じこととなります。

 

ただ、妊婦になるとレーザー治療をおこなわなければいけないなんて聞いたことがないですよね!?

 

大抵の人はクリームをっ使ってストレッチマークを消していくのです。
クリームであれば美容成分も含まれているので肌にハリがでてきもしますからね。

 

どちらの方法をおこなっても問題はないです。
ただ、レーザーは費用が高いのでクリームによる治療法がおすすめです。