安いのから高いのまでおすすめのストレッチマーククリームを紹介。

 

ストレッチマーククリームは薬局で市販された安いのから、高いのまで様々なのがあります。

 

一度できてしまうとだんだんと薄くはなってくるものの、完全に治るような症状ではありません。
そのため、予防をしっかりとして作らないのが大切とされています。

 

特にストレッチマークはひどい症状となってしまうこともあり、予防対策としてクリームでケアをするのはほとんどの妊婦が行っています。

 

ここでは妊娠をして予防目的でストレッチマーククリームを使う人に安いのから評判が良いのまで紹介をしています。また、ストレッチマーククリームは高いのが紹介されることが多いですが、市販の安いのでは駄目なのかやいつからいつ頃まで塗るのかも解説しています。

 

ストレッチマークの予防に必要なのは弾力

 

ストレッチマークの予防に最も必要とされるのが保湿をすることです。

 

もともとの原因は急激な体系の変化により、内側の皮膚が引っ張られ切れてしまうことです。そのため、急激に膨らむお腹にひどい症状ができやすく、妊娠中の運動不足や代謝の低下でより太ることから胸やお尻や太ももにできることもあります。

 

そのために最も必要となるケアは保湿をして、肌を柔らかい状態を保ち、弾力を高めることです。

 

太ったら出来る時に肉割れなんて呼ばれ方をすることもありますが、同じ症状のことを差します。
ただ、日常生活で急激に太るのに比べると、妊娠中のお腹は圧倒的に早い速度で大きくなっていきます。

 

そのため、保湿をして弾力を高めることで、しっかりと予防をすることが大切なのですね。

 

予防目的のクリームは高いのより安いのがおすすめ

 

TVや雑誌で紹介がされているストレッチマーククリームは高いのが多いです。
ただ、もともとの目的は保湿であり、なおかつ高いのを使ったとしてもできてしまう人は多いです。

 

そのため、予防目的としてストレッチマーククリームを使うのであれば安いのがおすすめです。

 

実際、安いストレッチマーククリームでも成功をしたって口コミは多いですが、高ければいい物であるとは限りません。
完全には治らない症状ではあるものの、太ることでも原因になるように、完全に防ぐってのは難しいのですね。

 

5,000円をこすのから高いのだと1万円近くするのまで紹介がされています。
ストレッチマーククリームは妊娠5か月目ぐらいから、産後のたるんだ皮膚が引き締まる数か月は使う必要があります。

 

最低でも6ヶ月以上は予防対策をしなければならないので、高いのを選ぶより安いのがおすすめです。

 

ストレッチマーククリームランキング

 

おすすめのストレッチマーククリームランキングを紹介をしています。高いのから安いのまで口コミで成功したと人気のを紹介しています。また、薬局で市販されているのもあります。

 

ここで紹介をしているのは、ストレッチマークを予防したい人におすすめのになります。できたのを消す為にアフターケアをしたいって人は下記をご覧ください。

 

ストレッチマークを消す方法やクリーム「ストレッチマーク飛んでけ」

 

かゆみ成分が配合で安いアロベビーフォーマム

 

アロベビーフォーマムより販売がされている、ストレッチマーククリームです。

 

最大の特徴としてはかゆみ成分も配合がされている点です。そして、もともと価格も安いだけでなく、割引のキャンペーンなども行われています。

 

妊娠中はホルモンバランスや生活習慣の変化により、肌は乾燥をしやすくなります。そのため、バリア機能の低下で肌は炎症をし、かゆみをほとんどの人は生じます。そのため、アロベビーはかゆみ対策としても抗炎症作用の成分も配合がされています。

 

ストレッチマークの予防に成功したと評判なだけでなく、妊娠中のケアとして口コミでも人気があります。

 

2019年に評判のクリームを使いたい人はVigiee

 

2018年の後半に販売がされ、2019年も人気となっているのがvigieeです。

 

アマゾン・楽天・yahooなど様々なネット通販サイトでも1位を獲得しており、価格も安いです。雑誌でも掲載がされているものの、高いなんてことはないのですね。

 

塗る前後で角質水分量は140%向上し、皮膚淳軟性線維腫 も123%改善がされたデータもあります。安いクリームだと心配をする人もいますが、実際、口コミでも予防が成功したと評判が良いです。

 

最近評判の安いストレッチマーククリームを使いたいって人であればおすすめすることができます。

 

心配だから高くても評判のを使いたいならベルタマザークリーム

 

多少、価格が高くても良いからストレッチマークは絶対に作りたくないって人におすすめなのがベルタマザークリームです。

 

高級化粧品に含まれることの多い、「スーパーヒアルロン酸」「プラセンタエキス」「コエンザイム」と美容成分がたっぷり配合されています。長い間評判がよく、モンドセレクションでは2016年・2017年・2018年と3回受賞をしています。

 

また、ストレッチマーククリームの成分として評判の良い、シラノール誘導体などの成分が配合されています。

 

多少価格が高くても美容成分がたっぷりのを使って予防対策をしたいって人はベルタマザークリームがおすすめです。

 

薬局で市販の安い保湿クリームのニベア

 

薬局で市販の安い保湿クリームでストレッチマークに評判が良いのがニベアです。

 

もともと、ストレッチマーク用のクリームとして販売がされている訳ではありませんが、市販のクリームで代用するって人であればニベアは安いのでおすすめすることができます。

 

個人的にニベアのおすすめの使い方としては、妊娠初期からのケアをしておくことです。ストレッチマークは中期頃にできやすいので、遅くても5か月目や6ヶ月目ぐらいにはケアを始めた方が良いと言われています。

 

しかし、ケアはすぐに効果を実感できる訳ではなく、時間がかかるので早いにこしたことはありません。

 

そのため、妊娠をしたのが分かったら中期頃までは安いニベアで保湿対策をして、中期頃の5か月目ぐらいにストレッチマーククリームを使い始める繋ぎとして利用をするのがおすすめです。

 

どれか迷った人におすすめの安いストレッチマーククリーム

 

ストレッチマークの予防は妊娠をしたほとんどの人が行います。そのため、様々なクリームが販売されており、ネットや雑誌では高いのが紹介されていたりと、どれを使えば良いか迷ってしまう人は多いです。

 

どれを使うか悩んでしまう人であれば、個人的には圧倒的にアロベビーがおすすめです。

 

妊娠中はバリア機能の低下によって、ほとんどの人がかゆみに悩まされます。しかし、その状態で肌へ刺激を与えてしまうと、余計に症状を悪化させてしまいます。

 

そのため、添加物など肌への刺激の高い成分が配合しているのを利用しても、かゆいのがつらい状態で続く人もいます。

 

アロベビーはできるだけ肌に優しい成分を考えて作られており、ストレッチマークの予防対策だけでなく、かゆみ成分が配合されています。なにより価格が安いので、おすすめすることができます。