ストレッチマークは治らない!ただ薄く消すことはできる

 

妊婦に発症をすることが多いのがストレッチマークです。

 

お腹だけではなく、お尻や太ももや膝の裏に白い線や赤い線ができてしまう症状のことです。別名で肉割れや妊娠線と呼ばれるのですが、これらを消すにはクリームやオイルを使ってケアをしていくのが一般的です。

 

ただ、ストレッチマークのクリームと言っても予防用もあれば消したい人向けのもあります。
そのため、選び方や正しい原因を理解せずにケアをしても失敗をしてしまう人は多いです。

 

美容皮膚科のような病院やクリニックでもレーザーやガスを使って消す為の治療は行われています。
しかし、健康保険が使えず総額では多額な費用が掛かってしまうので、裕福な家庭でなければ難しいです。

 

  • 妊娠したらお腹にストレッチマークができた
  • 産後に白い線や赤い線が全身にある
  • 妊娠してないのに太ももやお尻にストレッチマークがある

 

ストレッチマークの先生では実際に使ったことのあるクリームやオイルだけではなく、原因やレーザーでの治療まで詳しく解説をしています。あなたのお尻や太ももやお腹にできたストレッチマークを予防ではなく、消したいって人はご覧ください。

 

 

人気のストレッチマークの消し方がオイルやクリーム!予防ではなくアフターケア

ほとんどの人はストレッチマークをクリームで消す

 

一般的なストレッチマークを消す方法としてあるのがクリームやオイルを使った方法です。
レーザーでの治療と比べて価格が圧倒的に安くおさえることができるので、多くの人がこの消し方を実践しています。

 

但し、ストレッチマークの消し方で最初からつまづいてしまい、失敗をしてしまう人も多いです。

 

予防目的で販売がされているストレッチマーククリームを使ったり、薬局やドラッグストアで販売している保湿目的のボディクリームを使ってしまうことです。もちろん、肌に最も大事なのは保湿なので全く効果がない訳ではありません。

 

ただ、きちんと消したい人向けに開発がされたストレッチマーククリームが販売されているのですね。
実際にそれらのクリームの口コミを見ると評判が良いですが、予防目的のを使って消えないなどの口コミも見ることができるはずです。

 

価格の安いストレッチマーククリームが欲しい!何を重視して選ぶと良い?

 

ストレッチマーククリームには色々な種類のがあります。
そのため、安いのもありますし、最安を求めるのであれば、保湿クリームを代用することもできます。

 

ただ、妊娠をしたから予防をしたいのではなく、すでに出来たので消したいのであれば、アフターケア用を使うのがおすすめではあります。
色々なのが販売されているので、必ずあなたの求めている条件に当てはまるクリームが見つかるはずです。

 

消す方法だけでなく、人気のクリームやそれぞれのクリームがどんな人におすすめなのか分類されていて、わかりやすいのであれば『肉割れ線バイバイ』などが良いと思います。

 

安さ・コスパ・評判・口コミなどで実際に使った管理人がおすすめのを紹介がされていました。また、クリームの口コミも一緒に紹介がされていたので、どれを選べば良いかが分かりやすいようになっていました。

 

ストレッチマークは海外の名称で日本では肉割れ・妊娠線・デブ線・脂肪線なんて呼ばれ方が使われています。
どれも同じ症状なので使うクリームを探すときはこれらの名称が入ったのを利用すれば問題ありません。

 

ストレッチマークを消す方法は2種類!自宅で消すか病院で消す

2種類のストレッチマークの消し方

 

ストレッチマークを消す方法は大きく分けると2種類あります。

 

  • クリームやオイルで自宅で消す方法
  • レーザーやガスで病院で消す方法

 

レーザーやガスでの治療に関しては健康保険は使えず、全額自己負担となります。そのため、満足する効果までには5回や10回と治療をする必要があり、総額だと10万円から20万円の治療費がかかってしまうこともあります。

 

そのため、多くの人はクリームやオイルを使った消す方法を行います。

 

しかし、人によって生活習慣も違い、肌のコンディションも異なってきます。そのため、自宅でケアをしているにも関わらず全く効き目を感じることができなかった段階で、レーザーで消す方法を検討する人もいます。

 

ストレッチマークを消すクリームやオイルの特徴

 

ストレッチマークを消す方法として最も利用者が多いのがクリームやオイルを使ったボディケアです。

 

アフターケア用のストレッチマーククリームが販売をしています。
そのクリームを毎日使ってボディケアをしながら、生活習慣などの肌に悪影響な部分を改善していきます。

 

クリームやオイルで消す方法のメリットとしては安いことや手軽である点です。
逆にデメリットとしてはアフターケア目的のクリームの種類は少ないものの、予防目的などを入れると数が多いです。

 

そのため、どのクリームを使ってストレッチマークを消すのか迷ってしまう点にあります。

 

美容皮膚科で消すレーザーや炭酸ガスの特徴

 

裕福な人やクリームで効果を実感できなかった人で試すことが多いのがレーザーがガスで消す方法です。
普通の病院での治療ではなく、美容皮膚科と呼ばれる専門のクリニックとなってきます。

 

レーザーもガスもどちらとも健康保険は使えません。
そのため、高額な治療費が必要となる消す方法でもあります。

 

ただ、専門家とカウンセリングで相談をしながら進めることができます。

 

レーザーやガスでの治療のメリットとしては安心をして進めることができる点です。
逆にデメリットとしては高額な治療費と通院の手間です。

 

一度で終わるのではなく、複数回の治療をしなければ効果を実感することはできません。
そのため、クリームと同様に時間がかかるだけでなく、毎回、通院をする必要があります。

 

また、レーザーに関しては火傷をしてしまったり、火傷跡が残ったりする副作用もあります。

 

ストレッチマークを消す方法のまとめ

 

あなたがストレッチマークを消したいのであれば、まずは自宅でのケアがおすすめです。
しかし、ひどい症状で原因が全く改善されない段階でレーザーを検討してみるのが良いかと思います。

 

ただ、クリームにしろレーザーにしろ即効性はなく、3か月や半年と時間がかかります。
ひどい症状の人は完全に消えることはなく、薄くなって目立たなくなる程度となります。

 

ストレッチマークは真皮の細胞が切れてしまっており、この皮膚細胞は新しく作られることはありません。
そのため、現在では完全に治る方法はありません。

 

ただ、ケアをしたりすることでガタガタとなった肌を整え、薄くすることができるのですね。
あくまで治すのではなく、消えたように薄くするのがストレッチマークのケアです。

 

ストレッチーマークの原因!肌が乾燥をすると弾力が失われできやすい

ストレッチーマークの原因に悩む20代の女性

 

ストレッチマークの原因は皮膚の細胞である真皮やコラーゲン繊維が断裂してしまうことです。

 

妊娠や脂肪や筋肉が増加をすることで、からだは大きくなり体系が変わってきます。しかし、皮膚の真皮細胞が成長する速度は遅いので、体系の変化に付いていくことができません。

 

そのため、張った状態から更に引っ張られることで切れてしまうのが原因でストレッチマークはできます。

 

  1. 妊娠によるお腹の膨らみ
  2. 太ることで脂肪が増加
  3. 筋トレによる筋肉の増加

 

ストレッチマークができた初期症状は皮膚が炎症をしているので、赤い線や紫色の線になっています。
最終的にだんだんと白い線へと変化をして、ストレッチマークの出来た場所がデコボコになります。

 

特に肌が乾燥をしていると弾力やハリが失われてしまいます。そのため、皮膚が切れやすい状態となってるので、少し筋肉や脂肪が増加をすることでも、切れてしまう原因となりえます。

 

ストレッチマークはお腹だけではない!お尻・太もも・背中・膝裏・二の腕と全身にできる

 

ストレッチマークはお腹だけにできる症状ではなく、お尻や太股や背中など全身に発症をする可能性があります。

 

妊娠が原因となる人はお腹にできやすいです。
筋肉が原因となる人はお尻や太ももや二の腕にできやすいです。
太ったのが原因となる人はお尻や太股やお腹にできやすいです。

 

特に妊婦の女性はストレスや運動不足や栄養不足などの生活習慣の悪化を招きやすいです。そのため、代謝も低下をしてしまい、肌が乾燥をしてストレッチマークができやすい原因が重なってしまいます。

 

圧倒的に赤ちゃんが成長して大きくなるお腹に発症をする人が多いですが、お尻や太ももにできることもあります。

 

太ることや筋トレで男でもストレッチマークはできる!妊娠をしていなくても発症をする

 

ストレッチマークは妊娠をした女性にできる物と思われていますが、関係はありません。
たとえ男性であろうと痩せている女性であろうとできてしまう症状です。

 

ストレッチマークは別名で肉割れ・妊娠線・脂肪線・デブ線と言われたりします。
特に妊娠をしている人を妊娠線と呼び、太っている人のことを肉割れやデブ線と呼ばれたりします。

 

ただ、実際は男性であっても脂肪や筋肉が増加をすれば白い線や赤い線が太ももや二の腕にできてしまうこともあります。
また、痩せている女性であっても肌が乾燥をしていたりすることで、筋肉が付いたりすればストレッチマークはできます。

 

現在の体系は関係がなく、変化をしたのが関係をしているので、体重は関係がありません。
ただ、急激に太る人が多いですし、妊娠をする人も多いので、原因が間違って認識をしている人がいるのですね。